読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChikenHeart

自分自身の備忘録と活動日誌

「ゼロ(著:堀江貴文)」を読みました。

読書

堀江貴文さんの「ゼロ:なにもない自分に小さなイチを足していく」を読みました。

2回目が終わったので、感想などを書いていきます。

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

読もうと思ったきっかけは、この記事ですね。こういうのに弱かったりする自分。

www.goodbyebluethursday.com

 

タイトルのゼロとは?

タイトルの「ゼロ」は、最初はみなゼロから始まるということを言っている。

人が新しい一歩を踏み出そうとすとき、次へのステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。

 だからこの上で、小さなイチ(経験や知識など様々なもの)を足していけと言っている。ショートカット(掛け算)を考えるのは後だ。

 

経験とは?

作中ではこんな風に書かれている。

経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていく。

 何事にも経験が必要で、経験しなければ慣れることもないし、自信が付くこともない。結局はやってみなければ、何もわからない。やっていない状態であーだこーだいうのはやめよう。

 最近の自分でも思い当たる節がある。このごろよく勉強会や、交流会に参加さえてもらうのだが、初対面の人でも割となんとかなるようになってきた。今までだったら相手に話しかけられるまで待つか、帰ってたと思う。

 自分から話して、話していれば面白いことに気が付けたからだと思う。

 

仕事が嫌なのは?

自らの「労働」をお金に換えているのではなく、そこに費やす「時間」をお金に換えている

 まさしく、今の自分にグサッとくる言葉だった。

 今の仕事は、主体的にその仕事をやりたいと思って働いていない。ただただ、出社して言われたことをやって帰る。勤務時間をお金に換えて、生活している状態だ。だからこんなにも仕事がいやで、休みを渇望しているんだろう。

 ちょっと自分がこのまま働いていくことに関して、考えさせられた言葉。

 

仕事を好きになるには?

人は何かに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができる。

 この言葉の通り、「没頭」できることを仕事にすればいいんだ。そうしたときに自分が没頭できるものとは何だろうか?と考える。

 今だとゲーム作りだなあと、ゲームを作っている間は時間を忘れられる。もうこんな時間かと思う時もある。

 もう一つは、本を読むことだと思う。本を読んでいても時間が過ぎるのが早い。本を読むことを仕事にするっていうのは、やはりこういう風な書評?をすることだろうか。それはこうやってブログを続けていけばいいのかなと思ってる。

 

 また、没頭するためには?といことで、

「自分の手でルールをつくること」

 確かにそうだ。自身でルール設定して、やると決めればそれなりにやるはずだ。ただ、自分で決めたことだからやめやすくもあるが。

 結局は他人に強要されている限りは、その物事に没頭することはできないんだろう。自分自身でやりたい1と思うことを実際にやるからこそ没頭できる。

 

起業のリスク?

 起業にはリスクが付きまとうと、よく聞くような気がする。このときに言われているリスクってなんだろうと考えたが。結論として、

「リスクなどない!」

だ。

 確かに、継続発展させて何年も続けるのは難しいのかもしれない。ただ、おぼつかなくなったらやめてしまえばいいんだ。それは、起業に挑戦したらからこそ得られた失敗だ。

 この起業し、会社を経営するということは普通に会社員と務めていたら到底得られない経験だ。この経験を得られるだけでも、起業する意味はあるんじゃないだろうか?

 起業した会社というものが倒産してなくなっても、自分の中に蓄積された経験というんものはなくなることはない。新しく会社を興してもいいし、再就職するのも手だろう。こういった経験のある人間なら、就職にも困らないだろうし。

自信を持て!

 結局は、自分自身に自信がもてないからネガティブな思考になるんだろう。自信があったら、「自分には・・・」という後ろ向きにならず、「自分ならできる!」と思えるようになるんじゃないだろうか。

 やみくもになんでも自信を持ったらいいわけでもないけど、上に書いた没頭できることに関しては少なくとも自分に自信を持とう。周りにもっとすごい人がいてもいい、このことに関しては他人(普通の人)に比べて秀でていると思える部分があるはず。

 

 自分も、先に没頭できることに関しては自身がある。その業界筋に比べれば大したことないのかもしれない。ただ、普通の人よりはできるという自身がある。だからその部分をもっと伸ばせばいいんだ。没頭して、同じようにやっている人の中でも秀でれるように頑張ろう。できるはず、だって自分の好きなことなんだから。

 

まとめ

 最後、なんだか新興宗教っぽい感じになった。けどまあ許して。

 もっとこの本に関して書きたいことがあったけど、ひとまず終了。また書き直したかったら書く。

 自分の時間というものをもっと没頭できるものに回したいと、最終的に考えた。だから今の仕事に関して考え直している。というか、今も動いてる。

 この本を読んだら、「仕事」「時間」に対して改めて考えさせられることになると思う。今の仕事であったり、自分のプライベートの時間に不満や、納得感が持てない人は読んでみることをオススメする。

 

(※作中の引用に問題があれば指摘いただきたいです)

VR GameJam in Japan 2016 Autumn に参加してきました。

ゲーム開発 プログラミング

ちょっと前のことになるんですが、VR GameJam 2016 Autum に参加してきました。

peatix.com

初めてのGameJam、そしてVRという触ったことが無いもの。

参加当日はむっちゃドキドキしてました。

初参加者としては、チーム分けまで運営さんがやってくれると楽。

特に自分みたいなのは、話しかけるのが億劫なので!

 

イベント説明~チーム分け

一通りのイベント説明をしていただいて、チーム分け。

チームは、お二人の方と組ませていただきました。

一人は、ゲーム会社で開発されてる本業さん、もう一人はIT系の営業?さんでした。

見出し1 アイディア出し

ここでハプニングというか、このチームでVR持っててVR開発できるのが一人だけ。

なので、家にとりに帰っていただくことに。。。ホントありがとうございました。

残った二人でアイディア出し。

VRということで、一人称、見回せるということを生かしたいという話に。

最初は視線でロックオンして打ち落としのシューティングを考えたのですが、

Rez∞の劣化になるだけだねーということで断念。

VRのシミュレーションゲームということで、タワーディフェンス+オフェンス?になりました。

 

ざっくりゲーム説明:

敵陣に味方キャラを突っ込ませよう!敵に突っ込まれると負けだよ。

敵陣の場所は分からないけど、視点を上げる事で見えるようになるよ。

 

役割分け

本業さん:全体の統括、VR部分の実装、プレイヤー操作、その他ほとんど

営業さん:ステージ作成、音声、プレゼン担当

自分:味方、敵キャラクターの動作、パラメータ付け

(本業さんいないとゲームになってなかったなこれ)

 

作業開始!

ちょっと全体のことは分からないので、自分が実装した分だけ。

「キャラクターを生成して目的地まで走らせる」をやりました。

はい、UnityのNavMeshを使えばすぐです。こんなことでも数時間かかりました。

NavMeshAgentのSpeedとアニメーションを対応させるのでハマりました。

それと、「敵を見つけたら追いかけて、攻撃する」も実装しました。

これは簡単な視界実装と、NavMeshの目的地の更新することで達成。

ここは攻撃時の相手のスクリプトを取得することってのがわかんなくて難しかったなあ。

それと、最後まで直らなかったけど、目的地に到達せずに「ハマる」キャラがいて参りました。

で、自分が実装した部分がこんな感じ(ただし半分ぐらい手伝ってもろた)

f:id:wingrakhi:20161213213012p:plain

わかんねえな・・・まあちっこいのが走り回ります。

 

マージ!(カッコイイ)⇒完成

出来上がってきたステージや、自分のキャラの動き、VR部分の実装を

マージしていただきました。合体です!

そして、何度かブラッシュアップとマージを繰り返して完成。

ちょっと動画などは撮っていないので見せれないのが残念。

クエリちゃんが敵陣を目指して駆けて爆発するゲームになっています。

そして、敵クエリちゃんも走ってきて自陣にくると爆発します。

味方クエリちゃんの生成は、ポイント制。毎秒回復と敵撃破時に加算されます。

このポイントは自分の視点を上げるのにも使えます。

実際に自分でOculusRift買って動く環境があれば動画とってみたいと思います。

 

参加した感想

すっごい楽しかったしためになった。そして、自分の力量の無さを思い知った。

これは多分実際に自分でゲームを作らないと力がつかないなとも感じた。

2日間でゲームを作るというスポード感は、非常に楽しいものだった。

期限がすごく短く区切られてるおかげで、取捨選択が一瞬。

このスピード感での開発っていうのは、中毒性があるなあ。


GlobalGameJam2017

来年の1月20-21日の二日間で、GlobalGameJamが開催されます。

これは全世界で同時に行われる大きなJam。

実際にこれは参加しようと思ってます。

自分は京都のギークハウス東福寺会場で参加予定です。

まだ、受付できる状態じゃないみたい・・・

 

(2017/1/7 追記)

正式に募集が開始されたようです。

atnd.org

 

どなたか一緒に参加しませんか~?

Ichi Pixel 4th meet-up に参加してきました。

ゲーム開発 プログラミング

先週末11月25日金 に開催された Ichi Pixel 4th meet-up に参加してきました。

twipla.jp

 

第一回目からこういうのやってるんだなーとは知ってたんですが参加できていませんでした。

理由としては、全く知らないところに一人で行くのが怖かったからなんですが、まあそれは置いときます。

 

参加した感想

もっとたくさんの人と話せばよかった!

そして、自分もプレゼンする立場になりたい!!!

自分の作品を作って公開したい!

 

1.たけうちさんのプレゼン

どうやって作品を作り上げているんだろうか?と思って聞いた。

エターナらずに作り続けられている理由。

 答え.

  1. 自分が何をしたいか明確に目的をもって作る。それは何でもいい、収益でもモテたいほめられたいでもなんでも!
  2. 自分の力量を把握する。企画の段階では自分の力量以上のことは考えない。
  3. 仲間を作る。切磋琢磨する仲間を作る。Twitterでもいいから!

 

ひとまず、1本ゲームを作り上げよう。自分ができる力量の範囲で。

開発中に思いついたアイディアは、次の作品に反映させる。

 

2.GameAttackさんのプレゼン

バイルゲームなのでシンプルなゲームを作っているそう。

「はやい」ことを意識している

ゲームだけでなく、UIや動作自体がはやく操作できる

 これは、自分がゲームする立場なら意識する点だなとおもった。

いろんなことをするのにすぐにやらせてくれるゲームはいいよね。ストレスが少ない。

 

3.じゅんさんのプレゼン

ゲーム「ねこを探してください」のプレゼン。

たくさんいる猫のなかから猫又を探すゲーム。ウ○ーリーですって

このゲームを作った理由

1.買っていた猫が死んだ

2.ウォーリーを探せが好き

この二つから、今回のゲームが生まれたとのこと。

アイディア出しの方法の一例だなと感じた。

コンセプトを考える際に、なんでもいいから2つの物事 × ゲーム として決めればアイディアは出てくるのではないか。

数うちゃ当たるで、いろんな事考えて、狙わずにゲームを作ったほうがいいのかもしれない。

 

作成意欲が沸くので参加してよかった!