読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChikenHeart

自分自身の備忘録と活動日誌

「さあ、才能に目覚めよう」を読んだ。

読書 仕事

自分の強みを見出す本

 この本を読んだ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

この本では、人は弱みを克服するのに時間を使うのではなく、強みを生かすことに時間を使おうといっている。 

本の引用になるが、強みとは

常に完璧に近い成果を生み出す能力

である。

これは、自身が強みを生かすことができる事柄に取り組んだ時にわかるという。

ゴルフの例が挙げられていたが、たまに調子が良くていいスコアが出るのではなくて、常にある程度良いスコアが出せる人が才能を生かせているとのこと。

(プロゴルファーとトッププロゴルファーのスコア差は、 5 ぐらいらしい)

詳しくは、読んだらわかる。(説明が面倒)

 

自分にはどんな才能があるかを34項目で診断してくれるのが、ストレングスファインダーというもの。

Clifton StrengthsFinder

有料です。本を買えば、コードがついてくるので無料でできるよ。

 

早速ストレングスファインダーやってみた。

自分がやった結果は下記の通り。

f:id:wingrakhi:20161119190428p:plain

 それぞれ本文中に説明があるけど、まあ特徴名で大体わかるよね。

それぞれに対する感想。

収集心

確かに自分はものを集めるのが好きだ、無形(知識とか)、有形(本とか)問わず。文中に、一度知識などを取り込むだけじゃなくて、1週間、1か月後にもう一度同じ知識を調べてみると新たな発見があるとあった。本とかは読み返すことを心がけようか 

慎重さ

自分は慎重なのかもしれない、いろんなことをやることに二の足を踏むし。ただ決断した後は割とガンガン行こうぜになるとおもってる。 

 内省

一人で考えることが好きだ。そして、本を読んで考えることも好き。つまり、物事を頭使ってグルグル考えてる自分が好きなんだよな。

調和性

人との衝突はめんどくさいから嫌い。うまく取りもとうとしてるのかな?

自我

これも自覚してる。自分はとても承認要求が強いんだ。認められたいんだよな 

 

結果は思い当たる節が多い。そういう風に思いながら読むもんだろうけど

収集心と内省、自我をもって、興味があることのエキスパートになれるとええよね。

 

こっちは付属:弱点への対処の戦略

弱点に対する対処も書いてあった。

弱点の定義もあって、

強みの成長を妨げるもの

とのこと。こう考えると最小限の弱点対処で済むから楽だと思う。

で以下が対処法。

1. 少しでも良くする

コミュニケーション、共感性、規律性、責任感はどの職務においても最低限必要とされるから、まあちょっとは何とかしようねって。

2.サポートシステムを作る

独自のサポートシステムを作る。

まずは自分の弱点を把握するところ、つまり自分の強みを阻害するものが何かわかるまでは何とも言えないな

3.才能の力で弱点に打ち勝つ

飽き性な部分がある、なので収集心を常に持つようにする。

つまり収集リストを自分で作ってしまえばいいんだ。

たとえば、ここからここまでやると(収集)完了。これを繰り返す。

リストが終われば、新たな項目を加えて収集をまた始める。

4.パートナーを見つける

自分の弱点を補ってくれるパートナーを見つける。わかりやすい

わかりやすいがゆえに、難しい。社交性やコミュニケーションが弱点の人には特に。だれかヘルプ!

5.とにかくやめる

弱点を公にして、弱点に対してなにもしない。そういうものだと周りに受け止めてもらう。こうすることが、自分にとってはすごく楽そうだ。

 

まとめ

自分の強みがどこにあるのかを知ることができた。

自身の強みは、仕事の職種や分野は問わない。強みを生かせることであれば、なんであれ成果はでるんだろうなあ。

だから自分であれば、自分の好きなことに関する情報・知識を集めて、考え、アウトプットすること(そして認めてもらう)が重要なんだろう。

そういう意味では、今の仕事(開発職)は割と強みを生かせているような気がする。ただ、今の仕事の分野にまったくと言っていいほど興味がないだけだ。

 

興味が持てるもの:ゲーム で、今の開発と同じようなポジションになれる仕事を探すといいのかもしれない。 

 

 

「詳しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」読んだ

お金 読書

タイトル通り、読んだ。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

  

何が書いてあるのか?

この本は、元手が何倍になるとか、働かずに生活できるとかいう本ではないです。

ただ、銀行に預金として預けているお金を有効活用する1つの手段が示してあります。

 単純に積み立てるだけではなく、資産運用をして増やそうという本です。

 

増やし方1.個人国債

手段の一つとして、個人国債がとりあげられていました。

普通に銀行に預けていると、利率は0.01%?ぐらいです。

今月(2016/11)購入できる個人国債の利率は、0.5%(税引き0.39%程度)でした。

こう見ると、50倍の利率です。こんなに違うんだなと思いました。

日本がなくなっちゃうとダメですけどねー。

そんなことになったときは、預金がどうとか言ってられる状況ではないと思う

 

増やし方2.投資信託

二つ目に挙げられてたのは、投資信託(インデックスファンド)。

 日本のTOPIXと外国株式ファンドを半々で持つとよいとのこと。

ここは、リスクをとってかけれるお金を使う。

なんでインデックスファンドにするかというと、

結局普通の人にデイトレーダーみたいなことはできない。

世界全体が成長していくのであれば、インデックスが平均して下がることはない。

 まあ、リーマンショックみたいなのが起こるとガクンとさがるけどね。

 

増やし方3.確定拠出型年金

最後に確定拠出型年金。

これは、まあ最近は結構導入されている形の年金形態みたい。

会社がやってなくても、個人型があるらしい。(公務員とか主婦は現状無理?)

これでやることも、2.の投資信託とあんまり変わらない。

掛け金で投資をする。運用後60歳から受け取れる年金。

これのいい点は、掛け金によって所得税の控除が受けれられるとのこと。

自分はよく知らん!(現状企業型やから勝手に計算されてる)

個人的には、会社がやってなかったら自ら入るようにしてたな。

 

 まとめ

自分は、貯金を投資信託国債にほぼすべて回そうと思った。

結局銀行に寝かしておいても何も使わない。

なら、運用しておくべきだろう。

必要になれば、含み損の状態でも引き下ろせばいい。

運用しないことによる機会損失のほうがもったいない気がしてきた。

ただし、すぐに引き下ろせるお金はいくらか置いとくが。

あと、毎月の積立もまた再開する。 5万円ぐらいは天引きするかな。

 

Peogateの進捗:HTML&CSSの初級,中級やってる

プログラミング Web開発

Progateとは?

Webブラウザ上でプログラミングが学べる、Webサービスです。

学べる言語はHTML&CSSとかJava,Swift,Ruby,Pythonなど。

詳しくは下記リンクを参照

prog-8.com

 

料金は?

基本無料だけども、全部のレッスンを学ぶためには有料会員(月額980円)が必要。

さらに、月2980円?(曖昧)でプロの講師に指導してもらえるらしい。

ただし、教えてもらえるのはProgate内コンテンツに限るとのこと。

 

使ってみてる感想

初めてプログラミングを学ぶときにはすごく良いと思う!

基礎からちゃんと学べる。

また、初回の環境構築をしなくていいのは大きい。

環境作って満足とか、作るところで挫折ってのがない。

もう一つは、レッスンをクリアするごとに経験値がもらえてレベルアップする。

これも、レベル上げも一つの学ぶ動機になってよい。

ただ、レベル上げが目的になっちゃったらだめだけど。

 

欠点というか改善要望

言語によっては、まだまだレッスンが少ないので物足りないかも。

けどまだまだ随時更新していくみたいだから、待っておこう。

あとは、予測変換がエディタについてるとうれしい。

 

今やってること:HTML&CSS 初級,中級,上級

 今はHTMLとCSSに関して学んでいる。

この二つは静的なWebページ部分を作るのに使う。

まさにブログの記事部分とかがHTML編集画面見たらわかる。

学んでる内容としては、Webページのレイアウトの整え方がメイン。

これだけでも簡単なWebページは作れる。

マウスオーバーでの変化とか、画面サイズに合わせて配置を変えるとか。

ひとまずこの部分を完璧にして、動的な部分(JavaScript)を学ぼうと思う

 

現時点の所感

Webページを作ってみたいけど、なにやったらわからん!ってはやってみるといいと思う。

個人的には新しいことが学べて、そのまま実践できるから楽しい。

また、一つのサービスで複数の言語が学べるのはありがたい。

ここで満足できなくなったときってのは、自分でなんか作れるようになってそう。 

料金の980円は、内容に対して十分安いと思う。

プログラムの技術書なんて、1冊3000円とかするしね。

 

一緒に、プログラミングを学ぼう!