ChikenHeart

自分自身の備忘録と活動日誌

「詳しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」読んだ

タイトル通り、読んだ。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

  

何が書いてあるのか?

この本は、元手が何倍になるとか、働かずに生活できるとかいう本ではないです。

ただ、銀行に預金として預けているお金を有効活用する1つの手段が示してあります。

 単純に積み立てるだけではなく、資産運用をして増やそうという本です。

 

増やし方1.個人国債

手段の一つとして、個人国債がとりあげられていました。

普通に銀行に預けていると、利率は0.01%?ぐらいです。

今月(2016/11)購入できる個人国債の利率は、0.5%(税引き0.39%程度)でした。

こう見ると、50倍の利率です。こんなに違うんだなと思いました。

日本がなくなっちゃうとダメですけどねー。

そんなことになったときは、預金がどうとか言ってられる状況ではないと思う

 

増やし方2.投資信託

二つ目に挙げられてたのは、投資信託(インデックスファンド)。

 日本のTOPIXと外国株式ファンドを半々で持つとよいとのこと。

ここは、リスクをとってかけれるお金を使う。

なんでインデックスファンドにするかというと、

結局普通の人にデイトレーダーみたいなことはできない。

世界全体が成長していくのであれば、インデックスが平均して下がることはない。

 まあ、リーマンショックみたいなのが起こるとガクンとさがるけどね。

 

増やし方3.確定拠出型年金

最後に確定拠出型年金。

これは、まあ最近は結構導入されている形の年金形態みたい。

会社がやってなくても、個人型があるらしい。(公務員とか主婦は現状無理?)

これでやることも、2.の投資信託とあんまり変わらない。

掛け金で投資をする。運用後60歳から受け取れる年金。

これのいい点は、掛け金によって所得税の控除が受けれられるとのこと。

自分はよく知らん!(現状企業型やから勝手に計算されてる)

個人的には、会社がやってなかったら自ら入るようにしてたな。

 

 まとめ

自分は、貯金を投資信託国債にほぼすべて回そうと思った。

結局銀行に寝かしておいても何も使わない。

なら、運用しておくべきだろう。

必要になれば、含み損の状態でも引き下ろせばいい。

運用しないことによる機会損失のほうがもったいない気がしてきた。

ただし、すぐに引き下ろせるお金はいくらか置いとくが。

あと、毎月の積立もまた再開する。 5万円ぐらいは天引きするかな。